うつ病と病院について

■うつ病と病院

うつ病と思われる症状が出た場合は、早めに医師のチェックを受け、「あなたはうつ病なんですよ」と診断してもらうのが一番です。
あなたはうつです、と断定したら本当にがっくりと落ち込むかもしれませんが、治療の開始は早ければ早いほどいいのです。
断定されるのが怖い...と診断を渋っていると、病気を克服するどころか症状はどんどんと進行してしまいますよ。

とはいえ、無理やりうつの症状の方を引っ張って病院に連れて行くのは少々難しい話ですよね(無理に連れて行っては、逆に頑なに診察を拒む場合もあります)。
周りの人も、うまく病院に連れて行けるように誘導することが大切なんですよ。


■病院を選ぶときのチェックポイント

うつ病の治療では「いかに自分に合った病院・お医者さんを見つけるか」というのも重要なポイントになってきます。
できるなら病気を克服するまで毎回同じお医者さんに診断してもらえる、というのもうつ病では大事になってきます。
ここでチェックとして覚えておいてもらいたいのが「最初は自分の家から一番近所の病院に行く」ということ。
うつになってしまうと、近所に出歩くことすらも辛いという方もいます。
評判のいいお医者さんが遠方にいて診てもらいたい...と家族が思ったとしても、まずは近所の病院に行ってみるほうがいいかと思いますよ。


■漢方外来に行く

軽症のうつ病の場合、漢方外来で漢方薬を処方してもらうことで症状が軽くなり、人によっては克服に向かうという方もいるそうです。

ですが、総合病院などの場合はまだそういった外来窓口は出来たてのところも少なくないので、うつ病に対応した種類の薬を処方する...というのは難しいかもしれません。漢方薬を処方してもらうならば、専門の薬局や昔から漢方を扱っている病院などで診察を受けてから薬を選んでもらうようにしてくださいね。


■うつ病を診断してもらう所

うつ病の症状らしきものが出たから、まずは診てもらいたい...という方はどのような診療科に掛かればいいのかというと「精神科」に行くのが一番確実です。
ですが、なんとなく精神科に行くのには抵抗がある...という方のために、最近はうつ病を取り扱っているクリニックでは「内科/心療内科」というような看板を出しているところもあります。

ですが、心療内科=うつの治療の対応をしてくれるというわけではなく、心療内科は本来胃潰瘍や気管支ぜんそく、高血圧などといった種類の病気を取り扱うところです。
病院に行く前に電話でうつの症状の診察を受けてもらえるのか、まず聞いてみるようにしてくださいね。

うつ病と病院についての関連記事

▲うつ病と病院についてトップに戻る