うつ病の症状

■うつ病について

昔就職活動である会社を訪問したときに言われたのが「うつ病は"まさかこの人が?"というような人が突然かかるんだよ」ということ。
そこはIT系の会社でしたが、実際に会社に内定したとても明朗快活な学生さんが、突然うつの症状になって内定を辞退してきた...ということも実際にあったそうです。

ですので、うつはおとなしい人がかかるというような先入観は早いうちに捨てることをおすすめします。
「この人は明るいからうつにはならないだろう」という思い込みが対応を遅らせ、うつの症状をひどくしてしまうこともあるんですよ。


■うつ病の症状とは

うつ病の「うつ」は憂うつのうつ。気分が沈みこんでいる状態になるのが、うつの主な症状の一つです。
また、憂うつになってくると不眠になったりストレスを強く感じ始めたりするためにイライラすることが増えてくるそうです。
うつの一番厄介なところは、日常でも出てくることのある「イライラ」「不眠」などが慢性的な症状として出てくること。

そのためうつをチェックするどころか「ああ、最近イライラしやすいんだな」「睡眠不足なんだな」的に症状のシグナルを受け取られてしまい、結果として症状に対しての治療が遅れて重症化してしまう...ということもありえます。


■うつ病は伝染する

うつ病は気がついたら発症している為に、家族でもなかなか気付きにくい病気ともいえます。
そこでもう一つ心配しなければいけないのが「もらいうつ」と呼ばれるうつ病です。
これは、うつの患者のそばで薬などでの治療中に「何で気付けなかったのか」「自分がしっかりしていれば」などと考え込んでしまったがために、伝染するかのように段々とうつの症状を起こしてしまうというもの。

ですので、うつにかかってしまった方の家族も薬で対応するだけでなく、十分注意する必要があるんですよ。


■うつ病の病状チェック

自分のうつ病がどれだけ進行しているか、という状態をセルフチェックできるのが「ハミルトンのうつ病評価表」です(インターネットの検索では「ハミルトン うつ」でも見つかります)。

これは「抑うつ気分」「罪業(罪の意識)」「自殺」「入眠・熟眠・早朝睡眠障害(不眠)」「仕事と興味」「精神的な不安」「身体症状」などの質問に対して当てはまるものを答えていき、その合計ポイントで自分の病状がどれだけ進んでいるかを検査するというものです。

何もうつの症状が出ていない時は「これは本当にある話なの!?」と思うかもしれませんが、病状が進むとこれが本当のものになるのです。気になった方はまず検査してみるといいと思いますよ。

うつ病の症状の関連記事

▲うつ病の症状トップに戻る