うつ病を克服するためには

■うつ病克服記をつづったブログ

最近は「このようにして私はうつと向き合って、克服してきました」的なうつ病の症状と治療の経過をまとめたブログも増えてきています。
これらが全て参考になるとは限りませんが、これから先うつを克服するなど病気と向き合っていく必要がある方には、心構えなど絶対に参考になることはあるはずです。
こういったブログで多く見受けられたのが、IT企業に勤めている営業さんやSEさんのもの(しかも男性が多め)。
同じような業種の会社で働いている方は、一度目を通しておくと周りの同僚への接し方など様々な点で役立つのではないでしょうか。


■うつ病を克服と家族

うつ病を克服するには、本人もですが家族など、身近な人の協力が必要不可欠です。
例えば、家事を頑張ってきたお母さんにうつの症状が出たならば家族で家仕事を分担しなければいけませんよね。
そういったケースも十分ありうるので、家族もきちんと対応していかなければいけません。

それでも夫婦と小さな子供だけでは対応できないし生活も苦しい...という場合は、早めに病院の担当医師や役所の窓口に相談することをおすすめします(別団体のうつの相談窓口を紹介してもらえることもありますよ)。


■うつ病の人との接し方

うつ病の人が同じ仕事場にいる...というのは、そうそう珍しい話ではなくなってきました。
うつ病の克服をより早める為には「自分のできることを少しずつやっていく」という意味でも、仕事での接し方にも気を配る必要があります。
診断の結果、軽度の種類のうつ病とわかった場合は負担の少なそうな仕事をやってもらってどんどん自信をつけてもらう事が大切ですが、このときに注意しておきたいのが「仕事の締め切りをきつく設定しない」ということ。
締め切りを気にするあまりプレッシャーがプレッシャーがかかってしまい逆効果になることもあるので、それだけは気をつけてくださいね。


■うつ病克服に必要なもの

うつ病の克服には「診断してくれるお医者さん」「家族の協力」など様々な種類の要素が必要になりますし、まずできるものが「たっぷりと休息をとる」ということです。
休息をとったら、克服どころか今の怠けグセがひどくなるじゃないか...と心配する方もいると思いますが、実際うつになるのは怠けグセがある方よりも、何でもかんでも自分ひとりで対応してしまうタイプの方の方が多い、という統計も出ています。
そういう方にはついつい周りも頼りがちになってしまいますが「たまには休んで、気が向いたら手伝ってよ」というように気分をうまく変えさせることも大切ですよ。

うつ病を克服するためにはの関連記事

▲うつ病を克服するためにはトップに戻る