うつ病対策について

■うつ病の対策

うつ病は絶対治らない不治の病ではありません。何もしなければ治療も遅れてしまいますが、初期症状のから対策をとることで回復のスピードも変わりますし、うつ病になった側も「自分もうつに立ち向かえる!」という前向きな気持ちになります。

とはいえ、なかなか初期症状のうちに「自分はうつ病みたいなんだ」と家族や会社に打ち明けるのは勇気がいることですし「まだ初期症状なんだから大丈夫でしょ?」と言われてしまう心配もあるでしょうが、風邪と同じようにうつ病も「なり始めが肝心」といわれている病気です。早いうちに病院でカウンセリングを受けたり薬(処方される薬も少量で済むそうです)を処方してもらうなどすれば、周りも安心なんですよ。


■うつ病によく効く薬

うつ病対策としてさまざまな薬が開発されていますが、それらよりもよく効くのが「休息」。ゆっくり心と体を休息させることで、うつ病の回復はぐんと進む方もいるんですよ。

これは、うつの対策にもそのまま当てはまることです。うつ病にかかる方は生真面目に何でもかんでも背負い込んだりして、その結果心の負担が大きくなりすぎ、うつの症状が出てきてしまう...ということもあるのだそうです。

眠らないでがんばったほうが自分はいいんだ!と思って頑張りすぎてしまう方もいると思いますが、ちょっと疲れてきたかなーと思ったら温泉に浸かりにいったり、おいしいものを食べるのが好きという方はちょっと外食に行ってみたり...と、対策として気分転換をいろいろと行ってみるのもいいですよ。

あとは、対策とは言ってもとにかく気楽にいくことでしょうか。うつになったことのある方などの対策ブログのタイトルには「Take it Easy(気楽にいこうよ)」という名前が本当に多いことからも、のんびり、ゆったりやることが大切なんだということがわかります。


■会社や家族のうつ病対策

家族や社員がある日突然うつ病になった...というのは、現代社会ではけしてありえない話ではありません。そういったときの為の対策というのももちろん必要になってきますが、うつになり始めの時の対策も考えておくと、初期症状のうちにうつを治療することも十分可能になってきます。

この対策でで大切になってくるのは無理やり病院にカウンセリングに連れて行くよりも「コミュニケーションをいかにとるか」という点にあると思います。

軽度のうつを持っていた私の友人に聞いたところ、「"ガンバレ"といわれるよりは"調子どう?"とか聞かれるほうが楽だし、いろいろ言いやすかった」等と言っているなど、なんとなくコミュニケーションをとるのは難しいかもしれませんが、常日頃からメールなどでもいいから気楽にコミュニケーションをとるようにしてくれるとけっこう嬉しい、とのことでした。

うつ病対策についての関連記事

▲うつ病対策についてトップに戻る