うつ病と退職について

■退職か休職の選択肢

うつ病になってしまったが、今の仕事が本当は大好き・生活のためにもやめたくない...などと思っている方は、無理に退職をせず休職を申し入れることをお勧めします。

というのも、うつ病になった方が退職後に転職や再就職のために活動をするということはとてもエネルギーが要ることですし、退職後に支給される失業保険を就職活動のために裂くのはとても金銭的にも痛いからです。

「うつ病を理由に休職してしまったら、強制的に退職させられてしまうんじゃないか?」と心配になる方もいるかもしれませんが、会社側が休職中の従業員を退職させるのは法律で禁じられていますので、恐れることはありません。
それでも、なんだか不安を感じるという方は人事や総務などとあらかじめ連絡を取り合って、一人でも多く味方を作っておくといいかもしれませんね。


■うつ病と会社

パワハラ(=パワーハラスメント、権力行使による嫌がらせ)に精神的ストレスを受けたためにうつ病になったことが原因で職場を退職せざるを得なくなった方が裁判を起こすというケースが各地で起きています。そのため、会社側もうつ病に対しての理解や環境の改善、パワハラをしないなどうつ病患者に対しての対処方法などをしっかり学ぶ必要が出てきています。

また、最近では「新型うつ病」という、職場でのみうつの症状が出て、プライベートではとっても元気という新しいタイプのうつも統計では増えてきているというデータもあるので、いっそう扱いに困るところもあるのではないかと思います。

こういった、うつへの対処には新しい知識を仕入れることももちろん大切ですが、一番大事なのは患者に対して「話を聞き理解し、支援する」ということです。これは一見すると当たり前のように思えますが、実際に直面するとうまくはいかないものです。
日頃からじっくり人の話に耳に傾けるなどといったことを習慣化していくようにしていくと、だんだんと改善効果が出てくるそうなので、気になっている方は試してみてください。


■うつ病での退職後

うつ病で退職した後で一番困るのが「仕事がなくなったことによる収入大幅減」です。退職金がたくさんもらえたり、今までに貯金がある程度貯まっているならばそれを切り崩す手もありますが、貯金もいつかはなくなってしまいます。でも、うつ病で外出も苦痛になって退職したという方の場合は就職・転職活動もままならない状態、ということもあるでしょう。

もし「就労が困難」で仕事を退職せざるを得ないくらいにうつ病が進行してしまった場合は、障害者認定を受けて支援を受けるというのもひとつの手段です。認定を受けると税金などの面でケアを受けることができるほか、ハローワークでは障害者向けの求人広告を探すこともできるようになります。

そういった障害者募集には資生堂などの大企業もあるほか(統計上でも大企業の障害者募集は増加傾向にあります)、就労条件も要相談のところが多いので、障害者認定を受けるという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

うつ病と退職についての関連記事

▲うつ病と退職についてトップに戻る