うつ病で解雇について

■うつ病患者の解雇問題

最近は会社に休職届けを出しても不当な就労を強いられ、解雇通告をされた...という理由の元、会社を相手取って裁判を起こす方もいます。

確かに、うつ病などの病気を理由に休職届けを出した社員を解雇するのは不当というのは法律でも決められていますが、ケースによっては企業側が正しい、と判断されることもあります。

その判断基準として大切になってくるのが「それまでの行い」「うつ病の原因がどこにあるか」です。休職をとるにしても、それまでに自己都合の病気で休職を延々と繰り返したりするなどした場合は解雇も正当、と認められることがあるのだそうです。

最近はうつ病に対して会社側は引け腰になっているところはありますが、今後は企業として不当に関してはしっかり主張する必要が出てくるのではないかと思います。


■契約社員とうつ病

契約社員の方の中には、病院でうつ病と診断されたけども「派遣だから、解雇されてしまったら傷病手当金はもらえないのではないだろうか」という懸念をされている方がいると思います。ですが、傷病手当金は派遣元の会社の労災に請求することができるんですよ(もちろん、自分の診断書などの書類は正社員同様に必要になります)。

また、契約社員の場合はまず派遣元の営業(コーディネーターともいいますね)に早く連絡を取って先方との調整を早く行ってもらう必要が出てくると思います。契約している時期が繁忙期だったり、他の人にもそれなりに問題なくこなせる仕事内容だったりと、状況によっては即契約終了・解雇の通告もあるそうなのですが、まずはうつ病の症状を克服するほうがより大切になりますので、まずは派遣元の会社に判断を仰ぐようにしてくださいね。


■うつ病の解雇の場合の退職金

企業によっては勤続年数によっては解雇されるときに退職金をもらえることもありますが、条件を満たせば退職後も傷病手当金を受け取ることはできるのだそうです。もちろん、うつ病がその例外になるということはありません。

その条件としては

・雇用保険の被保険者期間が1年以上
・手当金を受け取る需給条件を満たしている(これは健康保険によって異なります)
・退職日?退職後も傷病によって就労ができない状態

などといったものがあります。

うつ病になるとなかなか出歩くことも難しくなりますし、解雇されたということでさらにショックを受けるために稼ぐこと自体も大変になりますので、使えるものは何でも使えるように、解雇される前にいろいろと調べておくことも大切です。

うつ病で解雇についての関連記事

▲うつ病で解雇についてトップに戻る