うつ病の就職

■うつ病の就職活動

ともすればちょっとでも外出するだけでも苦痛に感じることのあるうつ病を患った人が就職という形で社会復帰する理由はやはり「生活のため」に他なりません。

ですが、実際就職活動をするとなると、試験会場に行ったり、面接があったり...と予想以上にやることは多く、非常にストレスを感じたり、うつ病の症状が再発するという人は少なくないようです。

就職活動というとたくさん受けて数打ちゃ当たる的な風に動いて失敗という方も多いようですが(昔氷河期に就職活動していた私がそれです)、一回につき一社、というようにピンポイントで攻めていったほうが上手くいくこともあります。同時進行で複数の企業研究や電話対応をするとかなりストレスはたまってくると思いますので、行き詰った方などは試してみてください。


■うつ病患者の転職

転職希望先の入社試験で「前の会社の退職理由は?」と聞かれて正直に「うつ病です」と退職理由を答える方はそういないと思います。

会社側も、うつ病というと就職したとしても、再発が多くて、診断書提出されて治療のために休職されて、じゃあいつ復帰するのか?そのときの対応はどうしすればいいのか...という心配をしなければいけないのは大変なことですから、うつと聞いて評価を良くする、という事はあまりないでしょう(実際、元人事担当者の方もブログでそういう方は「不合格にするだろう」と意見しています)。もし症状が軽く日常にはなんら問題がなく、特に聞かれることがなければ診断書を出す必要もありませんし、ムリに言うことでもないかもしれませんね。

うつ病になると何かと自分に対して消極的になるところですが、それを逆手にとって「短所が長所に見えるように」したり、「短所を吹き飛ばすぐらいに魅力的な長所をアピール」することで、会社の採用担当者の見方を変えることも出来るんですよ!


■うつ病患者の就職とインターネット

インターネットが普及してからは、うつ病の方も治療をしながら就職活動を行ったり情報収集を行うことも比較的楽になってきたようです。インターネットの掲示板サイトや質問サイトでも就職についての質問や情報交換が行われているみたいですね。

ただインターネットも使いすぎると逆にうつ病になるということもあるのだそうです。外出することなくたくさんの企業の求人に応募できるのはいいけれども選考落ちが続いて、メールチェックをしたり、リクナビやen就職などの求職サイトにアクセスするのすら怖くなってきたという方もいますので、そういったサイトを利用する場合も自分の体調と照らし合わせながら使う必要があるかと思いますよ。

うつ病の就職の関連記事

▲うつ病の就職トップに戻る