うつ病の就職

■うつ病の就職活動 ともすればちょっとでも外出するだけでも苦痛に感じることのあるうつ病を患った人が就職という形で社会復帰する理由はやはり「生活のため」に他なりません。 ですが、実際就職活動をするとなると、試験会場に行ったり、面接があったり...と予想以上にやることは多く、非常にストレスを感じたり、うつ病の症状が再発するという人は少なくないようです。 就職活動というとたくさん受けて数打ちゃ当たる的な...詳しくはコチラ

うつ病で解雇について

■うつ病患者の解雇問題 最近は会社に休職届けを出しても不当な就労を強いられ、解雇通告をされた...という理由の元、会社を相手取って裁判を起こす方もいます。 確かに、うつ病などの病気を理由に休職届けを出した社員を解雇するのは不当というのは法律でも決められていますが、ケースによっては企業側が正しい、と判断されることもあります。 その判断基準として大切になってくるのが「それまでの行い」「うつ病の原因がど...詳しくはコチラ

うつ病と退職について

■退職か休職の選択肢 うつ病になってしまったが、今の仕事が本当は大好き・生活のためにもやめたくない...などと思っている方は、無理に退職をせず休職を申し入れることをお勧めします。 というのも、うつ病になった方が退職後に転職や再就職のために活動をするということはとてもエネルギーが要ることですし、退職後に支給される失業保険を就職活動のために裂くのはとても金銭的にも痛いからです。 「うつ病を理由に休職し...詳しくはコチラ

うつ病と復職について

■うつ病の復職 うつ病がよくなってきて、さあ復職して社会復帰だ...と思っても、実際はうつ病患者になる前のようにいきなり第一線でバリバリ働ける人はいません。高島忠夫さんなど、芸能人でうつになった方で復帰した方はいますが、かなり仕事をセーブする方も多いことから、芸能人であれ誰であれ、もとと同じ生活を取り戻すことはそう簡単ではないということはよくわかります。 会社などに復職する場合は、少しずつ仕事がで...詳しくはコチラ

うつ病と仕事について

■うつ病と仕事 うつ病になったけど、仕事を休職するまでもない、働きたい...という方もいると思います。実際、仕事をしながら病気を克服するために治療をしているといううつ病患者の方は世の中にたくさんいます。 そういった方の中には自分がうつであることを隠して仕事をされている方もいるようですが、それでは症状や病院などへの通院に理由もつかなくなるので、診断書を書いてもらったり、職場の上司に正直に言っている方...詳しくはコチラ

うつ病と労災について

■うつ病と労災 うつ病にかかって休職してしまうと、その間はお給料はゼロ。そうなると家賃も公共料金も払えなくなって困ってしまいますよね。その場合、労災(労働災害保険)に加入している方は条件によっては休業補償の給付金を受け取ることができる可能性があります。 以前はうつ病は障害年金同様に労災認定がおりるということはほとんどなかったそうですが、平成11年に「心理的負荷による精神障害等による業務上外の判断指...詳しくはコチラ

うつ病と休職

■うつ病と休職 最近はうつという言葉もすっかり社会に浸透し、うつ病を発症し、就労自体が困難になっても転職はせず、今の仕事を休職するという方も出てきました。 会社側もいきなり解雇!という対処をとらず、休職をすすめてくるところも増えてきたあたり「うつ病患者に優しい社会」になってきた、とも言えなくもありません。 うつ病を理由に解雇した結果裁判の手続きをとる人もも出てきたため、会社サイドも強硬的に出ること...詳しくはコチラ

▲仕事関連トップに戻る